書いたつもりでいたのだけど。iPhoneのSIMアンロックの落とし穴?

| コメント(0) | トラックバック(0)
えっと、ちまたではJailBreakしてSIMアンロックしてというのが流行っている?
のですが、私も初代iPhoneの時にはJailBreak+SIMアンロックで使っていました。
が、日本でiPhone3Gが発売され私もすぐに入手しましたが、海外では初代iPhoneを使っていたのでJailBreakもSIMアンロックもしていません。
その後、ちょっと紛失(帰って来た)した機会に香港版を入手。
こちらはもとももとSIMフリーなのでSIMアンロックはしていません。
JailBreakも私の使い方では必要ないので、iPhone3GS(香港版)もJailBreakはしていません。

でも一応テストはした訳です。(^^A
で、iPhone3Gの時に書いたつもりだったのだけど、書いてなかった見たいなのでちょと情報を。(1年ちかく放ったらかしてたわけですが)

iPhone3Gまたは3GSの香港版などのSIMフリーのiPhoneを日本で使う場合、ドコモでもSBMでもどちらでも使えます。
また、SBMの場合、二種類のSIMをスマートフォン向けのプランで利用することが出来ます。

ところが、SBM版のiPhone3Gまたは3GSをJailBreak+SIMアンロックしたものは、海外のSIMもドコモのSIMも利用出来るし、SBMの二種類のSIMも利用は出来ますが、一方のSIMではスマートフォン向けのプランが適応されません。

これは、SBM版のiPhone3Gおよび3GSには二重のSIMロックがかけられているからです。
一つは、キャリアロックですね。SBM以外のSIMは受け付けないというやつ。
これは海外でもありますので、同じやり方で契約キャリアのSIM以外は受け付けない様になっています。
こいつは、JailBreak+SIMアンロックで外せるので、ドコモや海外のSIMを使うのはこれで十分な訳です。
そしてもう一つ、SBMでも黒SIM以外を使えない様にする別のロックが掛かっています。
基本的にSBMのiPhoneは、銀SIMを入れても「使えない!」と言われます。
これは、どうもSBM版だけにこのロックが掛かっているらしいです。
らしいというのは、私はSIMフリー版しか使ったことがないので、SBM版以外のロックの掛かった端末を、JailBreak+SIMアンロックした場合、銀SIMでスマートフォンプランが適応されるのかどうか情報がないからです。
ただ、日本以外はiPhone専用のSIMというのがないはずなので、わざわざiPhone用に黒SIMを作ったSBMの為に別途設計されたロックであることは確かな様です。

ということで・・・、

SBM版のiPhone3Gおよび3GSをJailBreak+SIMアンロックして銀SIMで使うと、スマートフォンプランが適応されませんので天井知らずなので、とてつもなくパケットを使うiPhoneだとすぐにウン万円の請求が・・・。(--A

それに、SBMからは回線状況もPhoneのIMMEも見えてるわけで、

「なんでiPhoneなのに銀SIMなの?」

ってことになると回線止められたり?

まぁ、黒SIMで使えば問題ないんだけどね。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12650

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2009年8月10日 00:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple vs Google」です。

次のブログ記事は「えっと、夏休みです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25