クマでも出来たDell Mini10v on X その1(準備だよん)

| コメント(0) | トラックバック(0)
さて、ひょんなことから手に入れたDell mini10v SSD8GB Ubuntuモデル29,980円)なんですが、やっと雪豹の夢をみれました。ww(まぁ入手してから一ヶ月以上立ってるんですけど) ただ、ここまでには色々とやってます。 まず、第一にSSDの交換。これはLOOX M用に買った128GBのSSDを積み替えました。LooX Mはもともと載っていた160GBのHHDへ変更。(といいながら数ヶ月使ってないのだけど) SSDの方がNetBookには向いてますよねぇ。でももともとの8GBでは心もとないので。(^^A 一応32GBくらいあれば大丈夫?(まぁ、使い方によるのでしょうが) それと、英語キーボードへ交換。こちらは多分サードパーティー製のキーボード。まぁ出来は悪くないです。というかもしかしたら純正かもしれません。 これはねぇ、豹や雪豹の夢見ると何故か、日本語キーボードでは上手く動かないですね。 ドライバの問題だとは思うのですが。ww(勝手な想像) まぁ、ハードの改造?はこの程度です。 さて、それでは夢見ようと思うと、他にもいろんなものが必要になります。 1.MacOS X(豹か雪豹)のインストールDVD。  これ、MACに付属のものはダメで、市販されているOSのDVDが必要です。 MacOS Xを使っているMacユーザーは迷わず雪豹を買うべし。ww(3,000円だし) 2.MacOSXの動いていDVDドライブを搭載したMac。(つーか、ドライブの搭載されていないMacは販売されてないけど)*ゴメン。Airがあったわ。←Komさんに突っ込まれた。 3.USBメモリ。8GB以上。  Dell Mini10vを持っている人でBIOSがA6かA7の方はダウングレードする必要があるので、1GB程度USBメモリも追加で必要。 容量が大きくても問題はなし。 4.WidowsOSが動くPCまたはMac。 5.インターネットに接続された環境。 はい、まずここまで準備してくださいね。(^^)/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12689

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2009年10月22日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出来ちゃった」です。

次のブログ記事は「クマでも出来たDell Mini10v on Xその2(こわ?いBIOSダウングレード)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25