クマでも出来たDell Mini10v on Xその3(インストールの準備しませう)

| コメント(0) | トラックバック(0)
さて、BIOSのダウングレードが出来ればこっちのものです? って事で、次の作業にうつりましょう。 まず、ドライブの付いているMacとMac OSXのインストールDVD。 今買うと10.6ですね。 Macを買った時に付いて来る機種専用インストールDVDではなく、必ず市販のものを用意しましょう。雪豹なら3,000円だしね。d(^_^o) もう一つは8GB以上のUSBメモリ。 理由はカンタン。このUSBメモリをインストールディスクの代わりに利用するのでインストールDVDを丸ごとコピーする必要があるのですが、インストールDVDは6GB前後あるので、市販されているUSBメモリだと8GB以上って事になるだけです。 ではまず、8GBのUSBメモリをMacに接続しましょう。 そして、ディスクユーティリティを立ち上げます。


立ち上げたらまず、左側のウインドでUSBメモリをクリックして選択。 次に右上にある「パーティション」をクリック。 ボリュームの方式で「1パーティション」を選択。 次にボリューム情報。 名前は何でも良いのだけど、エラーを起こさない為にもアルファベットで付けましょう。 皆さんは「MACOSDVD」と付けてらっしゃる方が多い様なので私も同じ様に。 フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)に設定。 で、ここがミソ。d(^_^o)


下にある「オプション」クリック。 するとウィンドウ開きます。 ここで、一番下の「マスターブート」を選択します。 後は「適用」をクリックしてパーティションを作ります。 さて、ここまで出来れば後は一歩。 まず、MacOSのインストールディスクをMacに挿入しましょう。 次に右上の「復元」をクリック。 写真には写っていませんが、左側のウィンドウにインストールDVDが表示されているはずです。 マウスでそのインストールDVDをクリックして右側にある「ソース」までドラッグ。 はい、ソースの入力スペースの上にちゃんと 「ディスクをコピーする場合は、左のリストからドラッグしてください。」 って書いてますね。ww 横にあるイメージから選んでがいけません! 必ずドラッグしてください。 で、次に復元先の入力スペースにやはり左側のリストから先ほどパーティションを作ったUSBメモリをドラッグ。 そして最後に「復元」をクリック。 後は、USBメモリにインストールディスクがコピーされるのをひたすら待つ。 私の場合は一時間くらいだったかな? えっと、まだ続きがあるのだけど、ちょっと長くなったので次に。 from tt-bear's iPhone

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12692

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2009年10月25日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「値下げされたけど」です。

次のブログ記事は「とりあえずドーナツを食わせてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25