[Xperia_Report] クマでも出来たXperia その5(SIMカードを入れてみました)

| コメント(0) | トラックバック(0)



Xperiaを貸し出していただいて約1週間。
やっとSIMの登録が終わったと連絡があったので早速入れてみました。
 上の写真、右上のアイコンで電波つかんでますね。d(^_^o)

ちなみに、私がお借りしているXperiaはテスト機ですのでSIMがなくても立ち上がります。
が、製品版はSIMが入っていないと何も出来ないの出そうです。
これはソニーエリクソンさんのセキュリティポリシーだとか。 Xperiaに限らず、ソニーエリクソンの全ての製品に同じセキュリティがかかっているそうです。

 うーん、これはちょっと微妙。f^_^;)
SIMが無いと立ち上がらないのって、ちょっと使い勝手は悪くなるかもしれません。

例えば普通のケータイから乗り替えた人が、おサイフケータイなんかを使おうと元のケータイにSIMを戻すとします。(最近のおサイフケータイはSIMが無いと使えないそうな)
その時に、何か用事あってXperiaを開こうとするとそのままでは立ち上がらない。

これって、不便ですよね。多分。

 私の様におサイフケータイを使わない人間にとっては特に問題はないんですが、おサイフケータイを捨てろってのはちょっと無理ですよねぇ、やっぱり。(^_^;)

で話を戻してSIMカードを入れてみましょう。 まず、蓋を開けます。


開け方は、上記写真の本体側にあるストラップホール(中央)と蓋との間にある隙間に爪を入れ、グッと持ち上げます。 ちょっとこじ開けるって感じですが、問題はありません。


開けた所。


ちなみにバッテリーは1500mAhです。 最近のモバイル用バッテリーとしては大容量。


バッテリーの上、左側がSIMスロット。右側がSDスロットです。
 私が借りたテスト機にはSDカードが写真の様にテープで止められていました。 入っていたSDは16GB。
もしかしたら製品版もこの状態かもしれませんね。(←いつも通り無責任発言)


SIMの入れ方はこんな感じ。
 バッテリーを外してただ差し込むだけです。SDカードも同じです。

 後はバッテリーを戻して蓋をします。

 はいこれでOK!ではありません。( ̄ー ̄)
後はデータ通信の設定があるのね。

続きは次のエントリーで。

 from tt-bear's iPhone

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12759

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2010年3月22日 20:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[Xperia_Report] xperiaのニュースな日」です。

次のブログ記事は「[Xperia_Report] クマでも出来たXperia その6(moperaの設定)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25