本日のコーヒー

| コメント(0) | トラックバック(0)



「Andoroidの売りはオープンソースである。」

と誰が言ったのか、良く耳にします。

で、オープンソースだと何か良いことがあるの?
OSが無料だからその分価格が抑えられる?
確かに海外では、名の知られていないメーカーが、安いAndoroid端末を販売している。
でも値段相応か、それ以下の出来なのは否めない。
日本限定で言えば、Andoroid端末が安いなんてことはない。
もしかしたら、OSの料金を払っていたWindows Mobileの方が安かった?

かといって、ハードにお金がかかっているかというと??

昔より安っぽい端末が多い気がするのは私だけ?
確かについこの間までは10万以上払って端末買ってました。
そう思えば5?6万円前後で買えるのだから、半額近くなった分、質も落ちてるかもしれません。

でも、Windows Mobileより台数が出るAndoroid端末が高いの何故?
いや、実際には高くないのかもしれないけど、それでもオープンソースで安くなる恩恵は、消費者には還元されてはません。

オープンソースの恩恵はメーカーやキャリアが受けているのですが、メーカーにしても、キャリア専用のカスタマイズや、近頃キャリアが負担してくれなくなったサポート費用などがかさむ。

じゃぁ、キャリアが儲けているのかというと、儲けていないとはいいませんが、昔の様に音声通話ではほとんど儲けがなく、データ通信も定額制。
その上、データのトラフィックは増えるのでインフラ整備に金がかかる。

とまぁ、何処も昔みたには儲けが出せない。

結局、安くなってハード、ソフト共にサービスが劇的に向上するなんて事は余りないってことなのだけど・・・。

日本の携帯料金は高すぎると、いう人がいます。
確かに香港やタイに比べれば高いし、自由度も低い。
でも日本は香港ほど狭くもないし、インフラ整備だって何倍も金がかかる。
タイといったって、3Gなんかあってない状態。バンコクはいいけど地方行けば電波が来ない場所だってザラ。

そういう意味では、例えば某社さんでさえまだマシじゃないかと。

でね、そこまで判ってて言うのだけど、某社さんは中継局じゃなく基地局のインフラ整備してください。
例の会社さんはもうちょっと官僚的思考を捨てて、グローバルスタンダードな展開してください。

で、話を戻すとオープンソースの良さとは何かって事です。

事業参入が自由?
アップルだって酷いけど、Andoroid Mraketはもっと酷い。
これがオープンソースの恩恵?
確かに頑張っている人もいるのも事実だけど。

オープンソースにした事で、OSを提供するGoogleはハードウェアには責任を持たない。
だからデバイスによって、操作アイコンの位置もバラバラ。
メーカーによって個性が出ることは良い事ですが、同じOSで同じ操作をするのに、操作性が違うのは良いこと?

オープンソースもヤッパリ、諸刃の剣なのだと思う。

いずれにせよ、一からOS作るなんてのは並大抵の事じゃないので、各社上手くやって、良い商品を世に出して欲しいものです。

とりあえずモノマネから脱却して欲しいと思う今日この頃。



from tt-bear's iPhone

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12839

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2010年12月22日 15:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DELL Streak」です。

次のブログ記事は「GYALAXY TAB」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25