[Xperia_Report] モバイルルータやWiFiで使ってみるには

| コメント(0) | トラックバック(0)



スマートフォンは料金が高いというイメージが定着しているのでしょうか?
確かに普通のケータイよりは料金は高いですね。
でもdocomoさんの場合でも、パケット定額が1,000円ほど高い程度で、後ほとんど変わりません。

で、何故かスマートフォンを買うならモバイルルータを一緒に欲しいと言う方が結構多い気がします。
まぁ、私の廻りだけかもしれませんが。(^-^;

そのワケは会社のパソコンも外で繋ぎだいのでモバイルルータが欲しいのだけど、出来ればスマートフォンも一緒に欲しい。
でも、料金は安くしたいって方ですね。

というワケで、今回はモバイルルータに接続する方法etcの話を。

まず、モバイルルータです。
これは各社出していますよね。もちろんdocomoさんでも色々出しています。

オススメと言われると困るのですが、3G回線(下り最高7,2MB)は、docomo、SoftBank、EMOBILEなどがありますし、WiMAX(下り最高40MB)という選択もありますね。
WIMAXの場合、au、UQだけでなく、プロバイダーや家電量販店でも独自の契約プランを行っています。
また本体さえあれば、基本的にどこの契約でも契約出来るのも特徴ですね。
問題は3G接続ほどエリアが広くないこと。
WIMAXの方が高速で快適ではありますが、使えなくては意味が無いので、利用するエリアによって検討するべかと。

その他にも次世代の高速データ通信はありますが、現実的には3G接続かWIMAXだと思います。

色々検討して選択して下さい。

さて、モバイルルータを手に入れたら、接続方法です。
モバイルルータによって設定方法が違いますので、これは説明書をよく読んで、ルータの名前やパスワードが変更出来るものは変更しておきましょう。

さて、XPERIA arc側の設定です。

まず、設定を呼び出します。アプリケーション一覧からでも呼び出ますが、メニューボタンを押すと本体下にウィンドウが出て、その中に設定アイコンがあります。


設定を開いたら「無線とネットワーク」をタップ。



次に「WiFi」の項目の右側のボックスにをタップしてチェックを入れ、WiFiをONにします。
次にその下の項目、「WiFi設定」をタップします。



ここに周辺のWiFiが一覧で表示されますので、その中から自分のモバイルルータを選択します。
パスワードが設定されていればパスワードを要求されます。
不可視設定(一等に表示されない設定)の場合は、一覧の一番下にある「WiFiネットワークを追加」をタップして、WiFiの名前とパスワードを入力すればOKです。



一覧に表示され、パスワード設定していない場合は、タップするとそのまま繋がります。
つまりモバイルルータのパスワード(セキュリティ)を設定していないと、誰でも繋げる事が出来るワケですね。
他人に勝手に繋がれない様にパスワードは必ず設定しましょう。

はい、これで設定が出来ましたのでモバイルルータでデータ通信が可能です。
一度設定すると設定を覚えてくれているので二回目からはパスワードの入力は必要ありません。
また、基本的にはモバイルルータが起動していれば、自動で接続してくてます。

ただ自宅のWiFiの設定や、公衆無線LANの設定があり、そのWiFiが接続出来る場所でモバイルルータを起動したりすると、何処に繋がるかは微妙。
まぁ、デフォルトに設定しておけば良いんですけど。

SoftBankのスマートフォンなんかは、mobilepointとfonが優先して繋がる様に初期設定されています。
docomoはそういう設定は無いようです。

さて、ここまで出来ればフツーにモバイルルータに接続して使う事が出来ます。
が、ここでもう一つ、なんて事ない事なのだけど。

モバイルルータもバッテリーで動きます。
つまりずっと起動しっぱなしだと、数時間でバッテリーがなくなります。
というワケで、使わない時はモバイルルータの電源を切るワケです。

ところがXPERIA arc側のWiFiは入りっぱなし。
どうなるかというと、電源を入れる、またはスリープから復帰する度に周辺のWiFiをサーチするワケです。
起動やスリープからの復帰が多いほどサーチは回数が多いので、バッテリーはわずかかもしれないけれど消費するワケです。
私自身は気にしてないので入れっぱなしですが、気になる方は、WiFiのon/offをする事をオススメします。

方法は、

1.設定→無線とネットワーク→WiFiでチェックボックスで。

2.ホーム画面のウェジットでWiFiのon/off。

2は何って方これです。(XPERIA arcの標準ホームの場合)



もしホームを私の様にカスタマイズしている方は、スペースのあるホーム画面で画面長押し→ウェジット→電源管理でこんなウェジットが出てきます。これはAndroidOS標準です。
これです。










これらのウェジットでWiFiのアイコンをタップする事でon/offの管理が出来ます。
因みに、Buletooth、GPS、データの同期、バックライトもここで管理出来ます。

よしコレでOK!なのですが、もう一つ節約方を。

スマートフォンにSIMは入っているのだけど、基本的にモバイルルータで使っているのだけど、ルータとの接続が切れると同期してしまう&SiM(電話回線)経由でデータ通信は基本的にしたくない。
けどスマートフォンっていうからには、通話は使いたい。
というキャリアの敵(笑)の様な方向けの設定があります。

設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→データ通信を有効にする

のチェックボックスのチェックを消して無効にする。




この設定はSiM(電話回線)経由のデータ通信をするしないの設定です。
ここを無効にしておくと、通話は出来るけど、通信は出来ないという設定になります。

フライトモードだと、SiM(電話回線)経由の通話も通信も出来なくなります。
(WiFiはフライトモードでも使う事が出来ます。)
つまりWiFiと通話で利用というスタイルに出来るワケですね。



コレって本来は海外に行った時などに間違って通信しない様にとかのためだとは思うのですが、モバイルルータをメイン回線で使う方には持って来いの設定?です。

まぁ、これくらいやっておけば、パケット代は抑えられるでしょう。
しかし、私みたいに毎日何台も持ち歩いているならいざ知らず、一台持ちの方この使い方をするのは、スマートフォンの本質からちと外れている気が・・・。

まぁ、人それぞれと言うことでしょうか。(^_^;)

from tt-bear's iPhone

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12861

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2011年4月21日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[Xperia_Report] バッテリーカバーを開けてみる」です。

次のブログ記事は「[Xperia_Report] バッテリーの持ちが良い気がします」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25