2012年6月アーカイブ

最近、東京と埼玉の事務所&地方を車と電車で転々としているクマです。
で、東京にいる時や電車で移動している限りは問題ないのですが、早朝からの車の移動の時や、工業団地にある埼玉の事務所いる時は周りに何もない所なので、コーヒーがないと死んでしまう私としては困ってしまいます。(ウソつけ!死なない、死なない)
で最近、朝コーヒーを入れて保温ポットに保存して持って行っています。
コレならナントカ午後3時位までは温かいコーヒーが飲めます。
500ml入りの保温ポットなのでコーヒーカップで約4杯って所でしょうか。
問題は朝にコーヒーを入れる手間です。



今まではコレ、カフェポッド用のエスプレッソマシンで4杯分のルンゴ(エスプレッソを入れる時にデミタスではなく普通のコーヒーカップ分迄入れる)を入れてるのですが、一杯用なので4回入れなければならないのと、入れてる間ついていなければならないという大きな問題が・・・。(´д`)

と言うわけで、ドリップコーヒーメーカーを探していたのですが、出来ればコーヒーは豆で買いたい。
となるとミルを別で買うかと悩んでいたのですが、良いミルって結構高く、かといって安いヤツ(プロペラ式ってヤツね)でもいいかと思ってみたものの、よくよく考えたら狭い部屋に二台のコーヒーメーカーとその上ミルを置くというのは・・・。
予算的には全部で1万円位で考えていたのでミル付きのコーヒーメーカーは無理かなぁと色々探していました。
ミル付きのコーヒーメーカーと言ってもただミルが付いている(ミルで豆挽いて、挽いた豆を手動でコーヒーメーカーにセットするタイプ)は2種ほどあるのですが、折角一体型買うなら全自動が欲しい!(ワガママ)
探すとツインバード当たりがなんとか1万円前後で、パナソニックは13,000円前後で、後はクイジナートんですが、12杯用の上16,000円前後するので・・・。

で、実はコストコで見つけました。私は会員じゃないので知人の会員証&クーポンを使って頂いてナントカ予算内でコレを買いました。(9,800円税込み)



クイジナートのミル付きコーヒーメーカーです。
どうもコストコ限定品らしいく、10杯用です。(それでもデカい)
その上、2杯以下は入れられない?(゚〇゚;)
ただ、性能はなかなか良いです。
保温式のステンレスポットで、手入れも意外に楽です。

コレでコーヒーを入れる手前は軽減されたワケです。
ちとミルの音がウルサいけど。(^-^;


from tt-bear's iPhone
先月の25日に延期になっていたSONY Tablet PのAndroid OS 4.0へのアップデートがありました。



まぁ、元々Android OS4.0 へのアップデートがあるからって事で買ったワケなんですが。

上下二画面いうのがナントカ堂DSなんかと被るんですが、上手く二画面を利用したアプリというヤツがないので、なんとなくベッド脇に置いて置いてちょっとメールチェックとか電子ブック読むとか、ちょっとブラウザー使うとか程度で持ち運んで利用って感じではありませんでした。

OSをアップデートすれば持ち運ぶかなと思ったのですが、少しインターフェイスなんかが変わった気もしますが、劇的に使い勝手が良くなったとか、キラーアプリが増えたといったワケでもないので、数日持ち歩きましたが、結局元のさやに・・・。

誰かP用のキラーアプリ作って下さい。お願いします。
m(_ _)m


from tt-bear's iPhone
先日、前日に充電出来なかった上に帰宅が遅くなり、とりあえずケーブルを接続して寝たところ、翌日ふとBBを見ると充電出来ていません。
まぁ、そこは他にも端末持っているワケでさほど慌てはしなかったのですが、プライベートの通話メインをBBにしていたので、とりあえずSIMをXperia acroに移して、その間に手持ちの外部バッテリーとBBを接続して充電して元に戻そうと思っていたのですが、どうも充電しません。
ケーブルが悪いのかと別のケーブルにしたのですがやはり充電しません。(実は交換したコレも後で要因の一つになってしまった)
今度は慌てて、ネットで調べてみると出てくるは出てくるは、原因と思われる書き込みが・・・。
海外では結構問題視されてる見たいです。
で、多分と思われる理由はこんな感じ。
BlackBerry Bold 9900はバッテリーと本体が何らかのシンクロを行っているのだが、バッテリー残量が10%を切るとそのシンクロ作業が出来なくなり、充電出来なくなるらしいのです。
つまりバッテリー切れちゃったら普通の充電方法では充電出来ないバグがあると。
RIMもこの問題は判っているけど未だ解決されない不具合なのだそうな。
で、絶対ではないらしいですが復帰方法としては、
1. 本体からバッテリーを抜く。
2. ACアダプター(PCからではなく)と本体を繋ぐ。
3. 本体正面右上のランプが赤く点灯したのを確認してバッテリーを入れる。
これで上手くいく事があるそうです。
私はコレを試したのですが上手くいきませんでした。原因は判りませんが、後で気づいたら交換したUSBケーブルが対応してなかったというオチもありましたのでコレが原因で復帰出来なかったのかもしれません。
で、どうやって復帰したかというと、たまたまその夜に飲み会だったので、知人のBB(9900でないヤツ)でバッテリーを20%程度まで充電してもらい9900に戻すと、何のことはない普通に立ち上がりました。
その後は手持ちの外部バッテリーで充電。この時にUSBケーブルが対応していない事が判明というオチ付き。(^-^;
いろいろ、ROMを焼き直したりとかする方もあるそうですが、基本的にはバッテリー切れなので、充電出来たバッテリーさえあれば良いワケです。
てなワケで早速、予備のバッテリーと充電器をポチっとしたのですが、私は海外のBBのアクセサリーが多いショップでアウトレット品を購入ました。
どうも、RIM自体がキャンペーンか何かで配ったモノのようです。
RIMの封筒型パッケージの中にアルミの袋が入っていて、その中にバッテリーと充電器、短いUSBコードが入っていました。
海外では同様の商品が箱に入って売られています。ただしこちらは本体と充電器一緒に充電出来る二股のUSBケーブルが付属しているそうな。
後、保証もありますね。アウトレットは保証ないし。
まぁ、その分安いのですが、海外だとトラブった時にやりとりが大変ですし、それでも良いって方か、まぁ損をしてもいいやぐらいの感覚じゃないとオススメ出来ません。
国内でも扱っているショップ(ただしWEBショップですが)がありますので探して下さい。
てな事でこんなバッテリーチャージャーです。




薄型なので意外に持ち運び便利ですね。
しかし、このバグって致命的なバグだと思うんですが・・・。(´д`)
from tt-bear's iPhone

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25