Nakamichiのミニスピーカー

| コメント(0) | トラックバック(0)



皆さん、Nakamichiをご存知でしょうか?
ナカミチと言えばわかるという方、結構オーディオマニアかもしれません。
ナカミチは、昔 日本にあったAV機器メーカーで、オーディオマニアの間ではファンも多かったメーカーでした。
私がナカミチに衝撃を受けたのは、まだカセットテープのオートリバースが、高級オーディオにしかない時代、各社はテープのモーターを逆回転させる事で、A、B面を入れ替えることなく再生出来るタイプのカセットデッキを販売していました。

そんな時にナカミチは、確か各社の倍近い価格で独自のオートリバース機能付きカセットデッキを販売しました。
その独自の機能とは、カセットテープそのものを自動で回転させるという、チョット見ると馬鹿に思える機能でした。
でも、それはナカミチのこだわりで、カセットデッキは再生する時にヘッドと呼ばれる部分テープに触れる事で音を再生します。
所がモーターを逆回転させるカセットデッキでは、このヘッドの位置がA面とB面ではズレてしまい、高品質な再生が出来ないという様な話だったと思います。
まぁ、とにかくナカミチは高品質な音楽再生の為に、カセットデッキのテープホルダー内でテープそのものを回転させるという奇想天外な商品を売ったり、とにかく高品質再生にこだわった商品を販売していたメーカーだたんです。(特にカセットデッキが強かった様です。)
ところが、CDの発売とともにコンシューマー向けのハイエンド商品は業績も悪化。
それでも昔はCDショップの試聴やスタジオなどの業務様では頑張っていた様です。
しかし、経営は上手くいかず、2000年手前に香港の企業の傘下となり、いつのまにか日本での販売は無くなり日本から会社そのものがなくなった様です。
昔はバング&オルフセン、BOSEに並ぶメーカーだったのに。

先日、シンガポールの空港で思わずNKamichiのロゴと遭遇。
現在は、ヘッドフォンや写真のミニスピーカーなんかを販売している様です。
どんな音がするのかは判りませんが、海外では一応ブランドとしては残っているようです。
残念ながら、日本ではもう販売されないでしょうが。



from tt-bear's iPhone

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tt-bear.com/mt/mt-tb.cgi/12938

コメントする

このブログ記事について

このページは、tt-bearが2012年8月27日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AR MAPを使ってみました」です。

次のブログ記事は「旅お供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25